月次アーカイブ: 8月 2014

日本郵便が先月、特殊詐欺の被害金の可能性があるとして、現金788万円が入った「レターパック」の郵送を差し止め。通報を受けた警視庁が、8日郵便法に基づき、このレターパックを差し押さえたていたそうです。郵便法では、現金書留以外での現金送付を禁じています。

日本郵便は7月4日から、特殊詐欺に悪用された疑いのあるものについてはエックス線検査をした上で、警察に届け出る運用を開始していました。しかし、実際に現金が差し押さえられたのは、これが全国初。差し押さえたレターパックは、差出人、受取人ともに都内の私書箱の名義になっていたという事です。

電話などでうその話を持ちかけて金をだまし取る振り込め詐欺などの「特殊詐欺」は、一向に減る気配がありません。特に最近は、被害者に日本郵便の「レターパック」や宅配便などで多額の現金を送らせる「送付型」が増えており、1件当たりの被害額も増える傾向にあります。とにかく、レターパックや宅配便で現金を送るよう言われたら、それは詐欺だと思いましょう。